今日もリノベ日和

築70年の家を買ってリノベーション中!

安すぎる理由、それは…

こんにちは。
関西地方のとある町に住んでおります、まさと申します。

 

前回のブログえっ⁉︎この家、安すぎ…⁉︎ 後編 - 今日もリノベ日和では、身の丈に合わない大きな希望を持って、ゆる〜く物件探しをしていた我々夫婦が、偶然にもとある一軒家に出会ったところまでをお話ししました。

 

しかし、何かがおかしい。


その価格、1400万円!

 

f:id:otasukekokugo:20190523141857j:image


相場よりも1000万円以上安いんです。
土地代だけを考えてもですよ⁉︎
安くなっているだろうとはいえ、建物代金もあるだろうに。

 

これは、絶対に何かある!
怪しいですよね。
ワケありですよね。
怖いですよね!


ただより高いものはない、安いものにはワケがある!

 

f:id:otasukekokugo:20190523142510p:image

 

…でも、好奇心は止められません。
とりあえず、見るだけならタダ。
私は、不動産業者の事務所に自転車を走らせ、とにかく様子をうかがってみようと思いました。

 

f:id:otasukekokugo:20190523143034j:image

 

私の短所なんですが…
実は、私、結構な人見知りです!
いい大人が何を言ってるんだ?と思われるかもしれませんが、小さい頃からずっと一緒。


服屋さんで店員さんが声をかけてきて下さっても、その瞬間

「あ、結構です…」


髪の毛を切ってもらっている時間なんて、地獄そのもの!

 

そんな私ですから、いきなり不動産屋さんのドアを開くなんて大それたことはできません!
偉そうにいいましたが、格好悪いのは自覚済みですm(__)m

 

f:id:otasukekokugo:20190523142532j:image

 

で、不動産屋さんに到着すると、これはまた年季の入った店構え。


チェーンの不動産屋さんではなく、地元密着感がすごいです。
当然、余計に入りにくい!


一見さんお断り感が半端じゃ無いです!

 

f:id:otasukekokugo:20190523144804j:image

 

で、私は、もじもじしながら不動産屋さんの店頭に貼ってある広告を眺めていたワケです。

f:id:otasukekokugo:20190523143636p:image

こんな怪しい人間に、お店の人が声をかけないわけがないですよね!
はい、じきにお店の方から声をかけられました。


どこにでもいそうな、普段着の奥様のような感じの方。

 

「こんにちは〜」

「あ、はい、こんにちは…」

「もしよろしければ、その物件のチラシ、お持ちくださいね〜」

「いいんですか?ありがとうございます」

「その家ね、こないだまで荷物が入っていて内見できなかったんです」

「はあ」

「でも、つい何日か前に空っぽになったところで、内見できるようになったんですよ」

「そうなんですか」

 

ここまでお話ししたところで、私、思い切りました!
せっかくの機会だと思って!

 

「あのう…一度家の中を見せてもらうことはできますか?」

 

内気な自分にとっては、清水の舞台から飛び降りるような思いです!

 

「いいですよ〜これから行きますか?」

「はい!行きます!」

 

というわけで、私は不動産業者の方とともに、物件までとんぼ返りすることになったのでした。

 

↓ランキング参加しています。

   クリックしていただけると励みになります!

 


<a href="https://house.blogmura.com/renovation/ranking.html?p_cid=11007190" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/house/renovation/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ" /></a><br /><a href="https://house.blogmura.com/renovation/ranking.html?p_cid=11007190">にほんブログ村</a>