今日もリノベ日和

築70年の家を買ってリノベーション中!

再建築不可物件じゃん!

こんにちは。
関西地方のとある町に住んでおります、ゆうと申します。

 

前回のブログ安すぎる理由、それは… - 今日もリノベ日和では、内気で小心者でシャイで人見知りな私が、一大決心!をして、不動産屋さんに内見を申し入れたことをお話ししました。

 

f:id:otasukekokugo:20190523213919j:image


「あのう…一度家の中を見せてもらうことはできますか?」

「いいですよ〜これから行きますか?」

「はい!行きます!」

 

現地までそれほど遠く無いので、車で行きますか?というお店の方の提案を丁重にお断り(人見知り発動中ですから)して、直接現地へと向かいました。

 

ドキドキしながら、門扉を開きます。
期待半分、不安半分で、旗竿地の竿の部分にあたるエントランスを歩きます。


エントランスの片側が花壇になっていて、いい感じです!

 

鍵を開け、玄関の引き戸を開くと…

 

f:id:otasukekokugo:20190523214249j:image

凄く広い玄関!
まず、玄関の贅沢さに驚きました。
ちょっとした旅館を思わせるような広さです。
開放感満点!

 

f:id:otasukekokugo:20190523214424j:image

さらに、その玄関から二階に伸びるおしゃれな透け階段!
こちらも幅広で素敵です。
雰囲気たっぷり!

 

f:id:otasukekokugo:20190523214512j:image

ふた部屋ある和室の間には欄間が設えてあります

 


f:id:otasukekokugo:20190523214616j:image

f:id:otasukekokugo:20190523214623j:image


ところどころにある照明器具も、手の込んだ作りをしています。

 

f:id:otasukekokugo:20190523214712j:image

そして、階段を上った先には、なんとガラスブロックの光取りが!
普通の家ではあまり目にしませんよね。
これ、夜になるといい雰囲気だろうな…。

 

f:id:otasukekokugo:20190523214729j:image

二階へ上がると、まず驚いたのが廊下の広さ
身長180cmを超える私が大の字で寝転がれるレベルの広さです!

南側に面した廊下には、沢山の光が降り注いでいます。

 

f:id:otasukekokugo:20190523214918j:image

バルコニーも、十分すぎるほどの広さです。

 

f:id:otasukekokugo:20190523214930j:image
和室の畳、京間でした。大きい!

 

f:id:otasukekokugo:20190523215003j:image
裏にも階段が!

 

このように、色々と素敵なポイントはあったのですが、やはり劣化を感じさせるところも沢山あります。

 

f:id:otasukekokugo:20190523215123j:image

一階は暗いです。
北側がすべて収納で覆われていて、居間には光が届かない間取りになっています。

 

f:id:otasukekokugo:20190523215200j:image

謎のドア。ガラス割れてます

ちょっと傾きもあるような…⁉︎

 

f:id:otasukekokugo:20190523215237j:image

クロスや壁にもシミがあるし。

 

とはいえ、パッと見た限りでは、手入れをすればまだまだ大丈夫そう!


で、不動産屋さんに本題を切り出します。

 

f:id:otasukekokugo:20190523215552j:image

 

「広くて素敵な家ですけど、なんでこんなに安いんですか?」

 

「いやぁ、やっぱりかなり古い家ですし、リフォーム代もかかりますしね。その分、安くしてるんですよ。」

 

「ですよね…ちなみに、築年数は?」

 

「正確には不明ですが、70年くらい経っているらしいです。」

 

「70年ですか!そしたら、リフォーム代も相当かかりますよね…。」

 

「でも、作りはしっかりしてますから、まだまだ十分住めますよ。」

 

「なるほど…。でも、建て替え用地として売り出せばいいのでは?」

 

「ああ、ここね。再建築不可物件なんですよ。」

 

再建築不可物件⁉︎

再建築が不可の物件⁉︎

日本語の意味はわかったので、大変な物件だということはわかりました。

 

よくよく話を聞くと、建て替えをするには、建築基準法上で認められた4m以上の幅のある道路に2m以上接していなければならないとのこと。


それが、この家は1.73mしかなく、建て替えができないとのことでした。

 

f:id:otasukekokugo:20190523215708j:image

 

たった27cmの幅が、この物件の運命を変えてしまったのです。

 

↓ランキング参加しています。

   クリックしていただけると励みになります!

 


<a href="https://house.blogmura.com/renovation/ranking.html?p_cid=11007190" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/house/renovation/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ" /></a><br /><a href="https://house.blogmura.com/renovation/ranking.html?p_cid=11007190">にほんブログ村</a>