今日もリノベ日和

築70年の家を買ってリノベーション中!

再建築不可物件と住宅ローン 後編

こんにちは。
関西地方のとある町に住んでおります、ゆうと申します。

 

前回のブログ再建築不可物件と住宅ローン 前編 - 今日もリノベ日和では、我々夫婦が見つけた家が、「再建築不可物件」だとわかり、色々と情報収集を重ねたというお話をしました。

 

f:id:otasukekokugo:20190525213923j:image

 

そんな中で出会ってしまった予想検索キーワードが「再建築不可物件 住宅ローン 通らない」です!

 

f:id:otasukekokugo:20190525214551j:image

 

どうやら、再建築不可物件は、新しく家が建てられないため、担保価値が著しく低くなってしまうので、住宅ローンが通らなくなってしまうとのこと。

なんだそりゃ、だめじゃん!

 

f:id:otasukekokugo:20190525214655j:image

 

それを調べた瞬間、不動産業者に電話!


だって、住宅ローンが通らなければ、そもそも購入自体が不可能ですから!
当然、キャッシュで何千万円も持っているわけがないし…。

 

そんな土地、誰が買うねん!とかちょっと怒りながら、電話です!

 

f:id:otasukekokugo:20190526040926p:image

 

「あの、再建築不可物件って、住宅ローンが通らないって聞いたんですが…」

 

「そうですね。」

 

(そうですねって…)はい、で、そうなるとあの家は購入が難しそうなんですが…」

 

「ああ、それは、同じ状態の広さでは無理だということですよ!」

 

「はあ」

 

「裏のシドウニコウドウロとして認められるので」

 

「へえ」

「多少のセットバックは必要ですが、建築は可能ですよ!」

 

「ほお」

 

「安心してくださいね!」

 

とのことです。


やった!安心した!

 

f:id:otasukekokugo:20190525214937p:image

 

…って、なるわけない!


この人の日本語、何言ってるか全然わからない!

 

家を買うって、大体の人が素人です。


不動産業界で働いているとかでないと、知らないことばかり。
知識って大切です。

 

で、またスマホの出番です。

 

f:id:otasukekokugo:20190525214655j:image


まず、「ニコウドウロ」について。

漢字で書くと「2項道路」です。


2項道路とは、いわば但し書き付きの道路ということで、十分な広さ(幅員4m)はないが、道路として一応認めるよ、というものらしいです。
なるほど。

 

次は、セットバック。
先程の2項道路とは、幅員が4mはない道路ですが、例えば万が一火事などが起こった時、狭い道路だと十分な消火活動ができません。


というわけで、今後道路を広げられるようにするために、土地の一部を道路として行政に渡すことが求められるわけです。

なるほど!


だから、今よりもちょっと面積が狭くなってしまうということなんですね。

 

まあ、次に売るために買うのではなく、その家の佇まいが気に入って買おうとしている我々夫婦ですから、特に問題とは思いませんでした。 

 

f:id:otasukekokugo:20190525214937p:image

 

ローンを組めるなら、問題ない!
このまま話を進めよう!


ということで、逆に前向きになった我々夫婦なのでした。

 

が、しかし!
ことはそう簡単にはいかなかったのです…。

 

↓ランキング参加しています。

   クリックしていただけると励みになります!

 


<a href="https://house.blogmura.com/renovation/ranking.html?p_cid=11007190" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/house/renovation/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ" /></a><br /><a href="https://house.blogmura.com/renovation/ranking.html?p_cid=11007190">にほんブログ村</a>