今日もリノベ日和

築70年の家を買ってリノベーション中!

金額アップの罠 その④

こんにちは。

関西地方のとある町に住んでおります、ゆうと申します。


前回のブログ金額アップの罠 その③ - 今日もリノベ日和では、リノベーションの見積もりが増額になったことを聞かされた我々夫婦が、各設備が本当に必要なのかを判断し、コストカットをしていったことをお話しました。


今回は、その続き!

聖域なく、各設備の見直しをしていきましょう。

 

まずは、食器棚!

キッチンコーナーには、作り付けの食器棚を用意してもらうことになっていました。

でも、そこまで強い希望はしていなかったんですよね。

「作れますよ!」

「ではそれで!」

くらいの感じで、カジュアルに決めてました。

ですが、我々夫婦が結婚した時に買った食器棚が、まだまだ現役なんです。

無印良品製のもので。

↓こういうやつです。

f:id:otasukekokugo:20190712094901j:image

引用:オーク材・ウォールナット材収納 通販 | 無印良品

せっかくなので、それを使えたらいいな…とも話していました。

これなら、新しい家の雰囲気にも合いますね!とプランナーさん。

ということで、食器棚新設なし!

10数万円の節約になりました。

 


「そういえば、いいのがありますよ!」

と、施工会社社長さん。

何のこと?と思って、呼ばれたバックヤードに行ってみると…。

沢山の工具や機材、部品とともに置かれていた、大きなダンボール三つ。

それは、リクシル製の室内ドアでした。

f:id:otasukekokugo:20190712095302p:image

引用:LIXIL | リビング・寝室・居室 | ラシッサ

話を聞くと、別の家で使う予定で仕入れていたらしいのですが、発注ミスで3枚余ってしまったらしいんです。

 

「処分しようかと思ってたんですが、もしよろしければ、これ使わせてもらっていいですか?」


「もちろんですよ!ちなみにおいくらで…?」


「いえ、うちとしても処分費用がいらなくなるので、無料で結構です。」


「無料!」


というわけで、ドア3枚頂きました!

聞くと、せっかく家づくりをしているのに、お下がりは嫌だなと思われる方もいらっしゃるらしいです。

でも、我々夫婦はそもそもリノベーションをしたい!という気持ちでここに来ているので、問題ありません。

1枚数万円のドア、無料で3枚ゲットです!

これで、10数万円の節約!


次は、二階の和室です。

作って頂いたプランでは、現在の収納&床の間を全て取り払い、大きな収納にしてもらう予定でした。

f:id:otasukekokugo:20190712095726j:image

 

しかし、そうなるとテレビの置き場所が無かったんですよね。

となると、部屋の中にコーナー型のテレビ台なんかを置くしかなくなります。

でも、そんなことをしなくても、床の間をちょっと変えてテレビを置けるスペースにできます。

というわけで、基本は現状維持になりました!

f:id:otasukekokugo:20190712095759j:image

ただ、現在ある収納の幅だと、布団をそのまま片付けられないんです。

というわけで、少しだけ幅を広げてもらうことにしました。

これで、さらに10数万円の節約!

 


あと、一階リビングに予定していた壁一面の収納。

もともとは、大きな半透明の引き戸を4枚付けていただくことになっていました。

f:id:otasukekokugo:20190712095853j:image

↑パース図の左上に描いてある引き戸が、一面に4枚つく感じです。

 

たしかに、目隠しにはなります。

でも、多少なりとも隠しているということは、逆に言うと「取り出しにくい」ということでもあるんです。

 

私の希望で、この壁面収納には、仕事で使ったり趣味で読んだりする本を沢山入れる予定でした。

でも、本って、しっかり片付けてしまうと、取り出すのにちょっとエネルギーが必要になるんですよね。

ひと手間あると、やる気が無くなる感じ。

それもあって、壁面収納の引き戸は無しになりました。

これで、20数万円の節約!


その他、壁材の仕上げなどの細々したところを引いてもらって…。


最終見積もりは、1400万円!

 


…当初の予算より200万円オーバー。

でも、驚愕の見積もりよりは200万円のコストカット!


200万円なら、残してある貯金と、ここから数ヶ月でボーナスも含めて貯めるのとで、なんとかなりそうです!

…ですが、ほとんど手持ちの現金が無くなるのは、何かあったときのことを考えるとちょっと不安です。


そこで我々夫婦は、再度金策に走ることになるのでした。

 

↓ランキング参加しています。

   クリックしていただけると励みになります!