今日もリノベ日和

築70年の家を買ってリノベーション中!

そびえ立つ柱! -23日目

こんにちは。
関西地方のとある町に住んでおります、ゆうと申します。

 

前回のブログ大量の断熱材! -21日目 - 今日もリノベ日和では、壁の中に施工する大量の断熱材が我が家に運び込まれていたというお話をいたしました。

 

ああやって、実際に沢山の断熱材を目にすると、何やらほっとする気持ちが芽生えます。

住んでいる地域は、それほど暑さ寒さが異常に厳しいところではありません。

それでも、やはり厳しい昨今の日本の夏と冬!

冷暖房は当然使いますが、できるだけその使用を控えたいのが人情です。

リノベーションの優先順位も、耐震性能・断熱性能の向上を一番にしていました。

 

プランナーさんからも聞いていました。

「耐震や断熱って、地味だけどお金がかかるんです」と!

確かにそうですよね。

基本的にはどちらも外からは見えない、機能の問題です。

間取りを変えたり、素材にこだわったり、お洒落な家具を入れたりは目立ちます。

でも、優先順位をつけたときには、それって後にするべきなんですね。

大切なのは、命を守ること!

何かあってから後悔したのでは遅いんです!

というわけで、耐震・断熱についてはしっかり対策をしてもらえるよう打ち合わせをしておきました。

壁や床の施工になるため、あとから工事をすることも難しいですからね。

(出来ないことはないですが…)

 

プランナーさんは、事あるごとに「耐震と断熱に予算を「持っていかれる」と表現されていました。

 

新品のように、見違えるように仕上げたいけれど、耐震と断熱は削れないためそうできない。

そんな苦しみが現れている言葉だと思いました。

 

さて、今日はどこまで進んだでしょうか⁉︎

扉を開けると…。

 

柱が…増殖しています!

f:id:otasukekokugo:20190816010746j:image

堂々と立つ柱、柱、柱!

上の写真は、エントランスから撮ったものです。

右側にシューズクローゼットと和室がきます。

左斜め上に向かい、順にキッチン・リビングダイニングが続きます。

 

キッチンからの風景です!f:id:otasukekokugo:20190816010813j:image

…といっても、何が何やらという感じですが。

キッチンの向こうは和室です。

左側に仏壇を置くスペースを作ってもらいました。その隣が押入れです。

 

キッチンです。
f:id:otasukekokugo:20190816010821j:image

二本の真新しい柱が目立ちます。

ここには耐力壁が施工されます。

そして、その手前にはコンロが来ます。

 

夢だった、機能的で無駄のない、対面型キッチン!

できあがるのが楽しみです!

 

リビングダイニング全景です。
f:id:otasukekokugo:20190816010804j:image

左側の照明のところが、ちょうど吹き抜けになる予定の場所です。

早く天井が開くのを見たいです!

 

別方向からリビングダイニングを撮りました。
f:id:otasukekokugo:20190816010757j:image

手前の柱と、そのまま真っ直ぐに進んだところにある柱は、壁とは繋がらないが構造上抜けない「見える」柱となります。

吹き抜けを作り、壁を抜いて大きなリビングダイニングへと間取りを変更したため、この二本は動かせないんですね。

今はまだ切って間もないような木の色ですが、仕上げの段階では周りと調和するような色に塗装していただけるようです。

 

次は床か?さらなる壁か⁉︎

毎日扉を開くのが楽しみです!