今日もリノベ日和

築70年の家を買ってリノベーション中!

床、完成! -30日目

こんにちは。
関西地方のとある町に住んでおります、ゆうと申します。

 

前回のブログダイニングの下地、完成! -28日目 - 今日もリノベ日和では、家の中で一番大きな空間であるリビングダイニングに、いよいよ床が敷かれる準備が始まったというお話をいたしました。

 

床の基礎といえば、それまでイメージしていたのは、束石があり、その上に木の柱が乗っているものでした。

しかし、現代の建築はどんどん進化しているのですね。

 

丈夫で過ごしやすい家になるよう願っています。

 

さて、うちには子供が二人います。

一人は4歳の男の子で、もう一人は1歳の女の子です。

怖がりで優しいお兄ちゃんに、怖いもの知らずで気が強い妹という組み合わせで、いつもお兄ちゃんが泣かされています。

もうすこし強くなってもいいのにな…とは思うのですが、優しさを持ったまま大きくなってほしいとも。

親心は複雑です。

 

そんなお兄ちゃんとはいえ、やはり男の子。

大好きなおもちゃの一つに、プラレールがあります!

 

友人の子供が中学生になってプラレールを卒業するということで、そのお下がりを貰い受けました。

 

御多分に洩れず、自分も少年時代にプラレールに夢中になったクチで。

デパートに行くたびに新しいアイテムを親にねだったことを懐かしく思い出します。

ついに息子にもこの時が来たか!と嬉しくなったものです。

 

ですが、プラレールって、けっこう大きなスペースが必要なんですね。

どんどん広がる線路。

そのまま無限に広げてあげたいのに、いいところで家具や柱、壁が邪魔をしてしまいます。

せっかく想像力を働かせて遊んでいるのに…。

もっと広い場所で、好きなだけプラレールを広げさせてあげたい!

そう思っていました。

 

おもちゃのテーマパークでも。

f:id:otasukekokugo:20190823125021j:image

 

家電量販店でも。

f:id:otasukekokugo:20190823125040j:image

最近はそうでもありませんが、一時はプラレールを抱いて眠り、夢にもプラレールが出てきていました笑

 

で、我が家でもレイアウトするのですが。

f:id:otasukekokugo:20190823125134j:image

やはり、広さに限界が…。

 

そんなこともあり、広いリビングがあるといいなと思っていたんですね。

 

プランナーさんが作ってくださった間取り図だと、まあまあ広めのリビングがあったのですが、体感してみないとわかりにくいです。

 

はたしてその広さは…。

 

床が貼られました!

f:id:otasukekokugo:20190823122851j:image

広いです!

ダイニングテーブルを置いても、そのほかのスペースはしっかり確保できています。


f:id:otasukekokugo:20190823122848j:image

 

こちらは、キッチン。
f:id:otasukekokugo:20190823122842j:image

奥にコンロと、その後ろに冷蔵庫。

コンロの手前に調理台と洗い場、その後ろに食器棚とパントリーができます。


f:id:otasukekokugo:20190823122845j:image

一人で寝転がってみたのですが、すごく広くてほっとしました。

これで、息子も心置きなくプラレールを広げて遊べそうです!